熊本市 結婚・子育て応援サイト
ホーム  >  知りたい!Q&A  >  Q&A検索結果  >  友だちとトラブルを起こしてしまいます。

知りたい!Q&A

質問

友だちとトラブルを起こしてしまいます。

玩具の貸し借りがうまくできずにかみついたり、たたいたりしてしまいます。どうしたらよいのでしょうか。
回答
好きな玩具が見えると「遊びたい。」という自分の気持ちが優先され、言葉がうまく出てこないために、使いたい玩具を取ったり、目の前にいる子どもを手で押したりすることがあります。まずは、「遊びたかったんだね。」と子どもの気持ちに共感をしたうえで「『貸して。』と言えば良いんだよ。」など具体的に伝えることが必要です。
 また、友だちに「貸して。」と言われると、大好きな玩具でもあっさりと貸してしまい、その思いを「嫌だ。」と言えない場合もあります。大人が仲介となり、「今使ってるよ。」「あとでね。」など子どもの気持ちを代弁してあげることも大切です。経験を重ねながら少しずつ自分の気持ちに折り合いをつけることができるようになると思います。心配なことが続くようであれば、子ども発達支援センターにご相談ください。
【お問い合わせ先】 健康福祉局 子ども発達支援センター TEL:096-366-8240 
  【分類】子育て、その他、子育て-幼児期(1~2歳)、子育て-幼児期(3~5歳)、子育て-小学生以上、子育て-健康・発達、子育て-しつけ・学び、子育て-障がい、子育て-子どもの心配、子育て-子どもへの関わり、子育て-支援情報
熊本市子ども支援課
〒860-8601  熊本市中央区手取本町1番1号  
Tel:096-328-2158     
CopyRights(c) 2016 Kumamoto City Allrights Reserved.